台湾南部の高雄市で、午前3時前、住宅と商業施設のビルで火災が発生し、地元メディアによると、これまでに46人の死亡が確認されたほか、41人が重軽傷を負った。

ビルは築40年の地上13階・地下2階の構造で、7階から11階に、およそ120世帯が住んでいたことから、今後、さらに被害が拡大するおそれがある。

地元当局は、ビルの内部構造や防火検査の結果などを調べる一方で、人為的な要因も排除しないとして原因究明にあたっている。