14日午後、衆議院が解散され、各党は、衆議院選挙の投票日に向け、事実上の選挙戦に突入した。
岸田首相が衆議院解散を受けて会見する。

臨時閣議で、衆議院選挙について、「19日公示、31日投開票」の日程が決まり、岸田首相の就任10日後の解散、解散から17日後の投開票は、いずれも戦後最短。
解散を受けて、各党は事実上の選挙戦に突入し、新型コロナウイルス対策や経済政策などを争点に支持を訴える。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。