保育園で、園児や職員あわせて55人が、新型コロナウイルスに集団感染したことがわかった。

職員らは、緊急事態宣言中に、京都へ慰安旅行に行っていた。

神奈川県・南足柄市の認可保育園で、園児41人、職員14人が新型コロナウイルスに感染した。

保育園は現在、休園となっている。

南足柄市によると、緊急事態宣言が発令されていた9月ごろ、職員らが京都へ慰安旅行に行っていたことが明らかになったという。

県や市は保育園に対して、保護者への説明を行うことにしている。