14日午前、岡山市北区の認可保育園で、園庭の遊具で遊んでいた2歳の園児の男の子の首が、遊具の隙間に引っ掛かる事故がありました。

男の子は、意識不明の重体です。

(奥原怜奈記者)
「園児は上の部分の隙間に首が挟まった状態で見つかったということです」

14日午前10時10分頃、岡山市北区富原の第二さくら保育園で、園庭の複合遊具で遊んでいた2歳の園児の男の子の首が、遊具の隙間に引っ掛かる事故がありました。

男の子は、市内の病院に搬送され、意識不明の重体となっています。

警察によりますと、事故の約20分前から、2歳児のクラスの17人の園児が園庭で遊んでいて、見守っていた保育士が、遊具の中から出てこない男の子を確認するために近づいたところ、遊具の隙間に首が挟まった状態で見つかり、119番通報したということです。

(第二さくら保育園 平松早苗園長)
「メールで保護者や皆さんに伝えています。申し訳ありませんでした。本当にこんな事故を起こして本当にすみませんでした」

園によりますと、事故当時、保育士3人で園児たちを見守っていたということで、警察が、事故当時の状況や、保育園の管理体制に問題が無かったかどうかなど詳しく調べています。