衆議院山口三区の自民党の公認をめぐり、河村建夫元官房長官が、衆議院選挙への出馬を見送るよう党本部側から伝えられたことがわかった。

山口三区には、同じ自民党から、林芳正元文科相が参議院からのくら替えで立候補を表明し、現職の河村氏が反発していた。

関係者によると、党本部は、両者から事情を聞いたうえで、河村氏に出馬を見送るよう伝え、秘書で長男の建一氏を比例代表で擁立する方針を提案したという。

河村氏は14日、記者会見を開いて態度を表明する見通し。

山口三区には、立憲民主党の坂本史子氏も立候補を予定している。