新型コロナウイルスの感染予防のため始まった学校の臨時休校。

さまざまな工夫をして子どもたちは家の中で過ごしていることでしょう。

そこで、普段の小学校や中学校の勉強でもなじみ深い、簡単な発想で解くことができる“脳トレ”を全5回で企画。

もちろん、なかなか解けない場合はリモートワークをしている親たちに相談してみてください!

大人たちはシンプル過ぎて深く考えてしまったり、難しく考えてしまったり…余計な脳力を使っていることに気づくかもしれません。


■問題1■


右下の【?】に当てはまる数字はA~Fのうちのどれでしょう?

この記事の画像(8枚)







■解答■

答えは【E】です。

左側の3つの数字の和が一番右側の数字の数になり、5+1+3=9なので答えはEの9となる。

■解説■

ウォーミングアップがてらの非常にシンプルなIQパズルで、数字が並んでいる中で法則を見つけ出す分析力が問われます。

その法則は小学生の足し算レベルで非常にシンプルなものなので、すぐに気づけたのではないでしょうか。

お子さんだけでなく、大人も、まずは考えることを放棄せずに、視野を広げて、さまざまな角度から見ることがポイントです!

■問題2■


つぎのA~Fのうち、【?】にあてはまるのはどれでしょう?







■解答■

答えは【F】です。

内側と外側の数を足すと11になります。

2+【?】=11となるため、【?】には9が当てはまり、答えはFが正解です。

■解説■

数字の並びに規則性を見つけることができればすぐに解ける簡単な問題です。

内側と外側の数字の同じ組み合わせが複数あることに気づくことができれば、そちらから解答を導き出すことも可能です。

■問題3■


数字の間にある空白に入るのはA~Fのうちどの組み合わせでしょう。







■解答■

答えは【C】です。

2+10÷5=4で数式が成り立つのは、選択肢の中で【C】の組み合わせのみです。

■解説■

掛け算・割り算は先に計算するという基本的なルールを知っていればすぐに解くことができます。

真ん中に「10」という2ケタの数字が入っているため、一瞬戸惑う方もいるかもしれません。

ちょっとした厄介さがあると、いつも通りの“脳力”を発揮できなくなることもあるので注意が必要ですね。

この“脳トレ”は、人口の上位2%(IQ148以上)の人だけが加入できる高IQ団体「MENSA」の会員である関口智弘さんが考えたもの。あなたの“脳力”は鍛えられましたか?

『高IQ者が考えた 解くだけで頭がよくなるパズル』(集英社)

https://yomitai.jp/book/puzzle/

(イラスト:さいとうひさし)