コロナ禍の新しい働き方 ふるさとで「リモートワーク移住」 秋田

秋田テレビ
秋田テレビ
地域

 新型コロナウイルスの影響でリモートワークを取り入れる企業が増え、場所を選ばず仕事をするスタイルが浸透しつつある。

 秋田県内でも、大阪から移住しリモートワークを活用して仕事を続けている秋田市出身の女性がいる。ふるさとへの思いと新しい働き方のかたちを取材した。
 
 赤須貴子さんは、秋田市のマンションの1室が自宅兼仕事場。大阪にあるIT関連のシステム開発の会社に勤めているが、2021年6月からふるさと秋田に移住しリモートで仕事を続けている。

 会社で人一倍「地元愛」が強かった赤須さんの背中を押したのは、内橋義人社長だった。

 内橋社長は「コロナが拡大してテレワークという環境をやらなければいけない中で本人の秋田に帰りたいという夢も叶えて、会社のメリットにもなるというのがこのタイミングだなと思ったので話をした」と当時を振り返る。

 2021年度、秋田県は赤須さんのようなリモートワーク移住者を対象に家賃の補助や通信環境を整備するための費用として最大220万円を交付する制度を設けた。

 赤須さんはこの制度を利用して秋田市に住まいを構え、大阪にいる社員と顧客をつないでウェブ会議を行ったり自社製品の説明書の作成などを行ったりしている。

 ほとんどの業務はウェブ上で完結できるが、実際に会ってコミュニケーションを図れない分会社との「温度差」に不安があった。

 そこで赤須さんは、飼い犬用に使っていた見守りカメラを、社長が見えるアングルに設定している。

 社長の周りで起きている新しい技術の話をいつでも聞けるため、会社の雰囲気を分かるようにするなど工夫している。

 赤須さんは「慣れ親しんだ秋田で行きなれた場所や変わった場所を新鮮に感じながら自分のペースで生活ができるのはいいことだと思う。移住を検討している人は前向きに検討してもらって秋田がますます活性化すればいけばいいと思う」と話した。

秋田県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

秋田テレビの他の記事

Spotlight~ブンカのチカラ~ 今年度で活動終了 保戸野バトン …

Spotlight~ブンカのチカラ~ 今年度で活動終了 保戸野バトン …

地域
春高バレー全国大会秋田県予選間近 男子注目校 雄物川・秋田工…

春高バレー全国大会秋田県予選間近 男子注目校 雄物川・秋田工…

地域
秋田ノーザンハピネッツ試合会場でSDGs身近に 秋田

秋田ノーザンハピネッツ試合会場でSDGs身近に 秋田

地域
食を通じて健康増進 秋田銀行と聖霊短大が連携締結 秋田

食を通じて健康増進 秋田銀行と聖霊短大が連携締結 秋田

地域
秋田版スマート農業を創出へ キックオフイベント 秋田

秋田版スマート農業を創出へ キックオフイベント 秋田

地域
秋田県で新たに女性1人が新型コロナに感染 延べ1896人に

秋田県で新たに女性1人が新型コロナに感染 延べ1896人に

地域
一覧ページへ
×