偽物のアメリカのアップル社の充電用ケーブルを販売する目的で所持していたとして20代と30代の夫婦が逮捕されました。

 商標法違反の疑いで逮捕されたのは、北海道苫小牧市に住むいずれも無職の斎藤笑生容疑者(31)と遼平容疑者(27)の男女2人です。

 2人は夫婦で3月5日、自宅にアップル社が商標権の登録をしている「DESIGNED BY APPLE IN CALIFORNIA」に類似した商標を付けたケーブルを販売目的で所持し、商標権を侵害した疑いが持たれています。

 警察によりますと函館税関苫小牧支署から「アップル社の商標権を侵害する物件を輸入する者がいる」などと警察へ通報があり事件が発覚。

 警察が3月5日、夫婦宅の家宅捜索をしたところ、iPhoneの充電用ライトニングケーブル2種類、計約1万7000本が見つかり押収。この内少なくとも約1万1800本が商標権を侵害する物だったとして、10月13日に逮捕しました。

 2人はインターネットを使ってケーブルを1本100円程度で中国から仕入れていて、販売時には「純正品質」「純正工場製品」などと文言をつけながら約300円で販売していたとみられています。

 調べに2人はケーブルの所持は認めているものの「違法なケーブルとは思っていなかった」などと容疑を否認しているということです。

 警察は今後ケーブルの販売についても追及する方針です。