衆議院の解散が14日に迫る中、国会では各党の代表質問が最終日を迎えた。

解散前、最後となる国会論戦について、国会記者会館から、杉山和希記者が中継でお伝えする。

解散を目前に控えていることもあり、与野党各党は、衆院選でも大きな争点となる新型コロナの感染防止対策と経済対策を中心に論戦を交わしている。

公明党・山口代表「コロナ禍で苦しんでいる事業者や生活困窮者などを守る支援策も必要」

岸田首相「新型コロナで大きな影響を受ける方々を支援するため、総合的かつ大胆な経済対策を策定する。 選挙後、速やかに決定して補正予算を提出する」

また岸田首相は、コロナの経口治療薬について「国産治療薬の研究開発を積極的に支援する」と強調した。

午後には、立憲民主党など野党各党による質疑が行われる。

立憲民主党・安住国対委員長「岸田(首相)は聞く力が一番あるんだって自分で言っていたくせに、実際は、予算委員会も何もしないで解散するということは、聞く耳持たないということでしょう」

一方、立憲民主党など野党4党は、代表質問では議論が不十分だとして、予算委員会の開催を求めたが、与党側は応じなかった。

岸田首相は14日、衆議院を解散する方針で、与野党は事実上の選挙戦に突入する。