「俺らはずいぶんラッキーだ。(ペーパーカンパニー)2社を作っていたから、400万円を取れるということだな」「MAX600万円やれよ」

法廷では、元経産省キャリア・桜井真被告(28)と新井雄太郎被告(28)の生々しい”やり取り”が読み上げられた。

詐欺の罪に問われている桜井真被告(28・左)と新井雄太郎被告(28・右)
この記事の画像(6枚)

2人は、2020年5月~21年1月、コロナの影響で売り上げを減らした企業の関係者を装い、国の持続化給付金400万円と、家賃支援給付金およそ1150万円をだまし取った罪に問われている。事件発覚後、役所を懲戒免職となっていた。

合わせておよそ1550万円の使い道は、桜井被告が暮らしていたタワマンの家賃、ギャンブル、クレジットカードの支払い。”彼女”への小遣いは月150万円。高級腕時計パテックフィリップの購入費用は600万円弱。浪費の限りを尽くしていた。

まるで半グレのようだ。

勾留中の桜井被告は上下スウェット姿だった(11日 東京地裁)

11日に開かれた初公判で2人は起訴内容を認めた。

主犯の桜井被告は、依然、勾留中の身。髪の毛はボサボサ、上下スウェット姿で、「全て間違いありません。私のせいで新井君含めて様々な関係者を巻き込んでしまって、大変申し訳ありません」と大きな声で答えた。

従属的な立場だった新井被告は、すでに保釈されていた。スーツ姿で証言台の前に立つと、小さな声で「間違いありません」と述べた。小柄な新井被告に対して、桜井被告は、かなり長身に見えた。そんな対照的な2人が、キャリア官僚の頭脳を使い、犯行を重ねていく。

送検される桜井被告(6月 赤坂署)

冒頭陳述などによると2人は高校の同級生にして、同じ経産省のキャリア官僚だった。桜井被告が、新井被告に対して、ペーパーカンパニー2社の名義で給付金をだまし取るよう指示した。新井被告には、それに従わざるを得ない”負い目”があった。

桜井被告は2017年、大学時代の友人らとベンチャー企業を設立したが、その後、金銭トラブルが原因で仲違いをする。訴訟沙汰にまで発展する中、新井被告は、裁判を有利に進めるため、関係者に”偽証”をするよう持ちかけた。ところが、その様子が盗聴(録音))されていたのだ。

送検される新井被告(6月 麹町署)

これを知った桜井被告は激高。事あるごとに「お前のせいで民事裁判に負けそうだ」と新井被告を攻めたてた。まるで脅しのように。ここに来て2人の”主従関係”が完成した。

折からのコロナ禍で、持続化給付金の”詐欺”を思いついた桜井被告。

新井被告に対して、2つのペーパーカンパニーの売り上げを偽装するよう指示。この2社は投資運用のために設立されたものだった。まんまと200万円をだまし取るのに成功すると、その後、”詐欺”をエスカレートさせていく。

2人は、職場の経産省で、電動ドリルを使って自らのスマホを破壊、証拠隠滅を図った。

ところが21年6月、銀行関係者から、警視庁捜査2課にマークされていることを聞かされる。2人は、すぐに証拠隠滅を図る。経産省の地下3階で、電動ドリルを使って自分たちのスマホを破壊。さらに、そのスマホを横浜・山下埠頭に捨てに行った。

金、詐欺、裏切り、盗聴、脅し、”ヤバイもの”は海に捨てる。しかも海には愛車のベントレーで向かっていた。これは半グレじゃなく、まるで「アウトレイジ」の世界だ。

なぜ経産省はこんな男たちを採用したのか。見る目がなさすぎる。とは言え、今後の被告人質問が楽しみだ。

(イラスト:法廷画家 石井克昌)