福岡・うきは市で、事故を装って叔父を殺害した疑いで男が逮捕された事件。
その経緯が次第に明らかになってきた。

携帯で呼び出して事故を偽装か

城谷陽一郎記者:
松成英一郎容疑者を乗せた車が出てきました。これから身柄が検察庁へと送られます

送検される松成英一郎容疑者(10月7日 朝倉警察署)
この記事の画像(13枚)

スキンヘッドに口ひげを蓄えた男は、10月7日に殺人の疑いで送検された松成英一郎容疑者(54)だ。

松成英一郎容疑者

松成容疑者は2021年4月1日午後8時ごろ、福岡・うきは市浮羽町の駐車場で、叔父の西村一敏さん(当時64)を車で何度もひき、殺害した疑いが持たれている。

西村さんは、手元に懐中電灯が落ちているなど、車の修理中に下敷きになったとも取れるような状況で発見された。

取材に基づくイメージ

そもそも、なぜ事件当日にこの現場にいたのか? 事件の経緯が次第に明らかになってきた。

城谷陽一郎記者:
西村さんは、国道沿いの現場に松成容疑者から携帯で呼び出され、来ていたとみられることが新たに分かりました

捜査関係者によると、事件直前の午後8時前、西村さんの携帯電話には松成容疑者からの着信があり、会話を終えた直後、勤務先の運送会社から出ていく西村さんの姿が防犯カメラに映っていたという。

また、事件当日に現場近くの道路を走っていた車のドライブレコーダーを調べたところ、駐車場には西村さんの車のほか、松成容疑者の車も止まっていたことが新たに分かった。

「朝、すでに現場に…」警察が見逃さなかった不審行動

そして、夜が明けた午前6時半すぎ、現場を目撃した人が当時の様子を語った。

現場を目撃した男性:
ここに誰か(西村さんの)知り合いの人かなんかが来てから動かしよった、車を。人間を起こしよったら、ぺちゃってなってたけんね

西村さんの車と遺体を動かしていた人物。その人物こそ松成容疑者だった。
松成容疑者は、当時のことを警察に次のように説明しているという。

松成容疑者の説明
朝、会社に行ったら、西村さんがいなかった。捜していたら見つけた

関係者によると、松成容疑者は会社の経営トップで、朝早くから会社に出てくることはめったになかったという。
警察は、こうした松成容疑者の不審な行動を見逃さなかった。

平瀬正孝・福岡県警捜査一課長:
被疑者が現場にすでに駆けつけていて、おやっと思うところがありました。現場の状況から、事故を装っていたことが素直な見立てではないかと思います

福岡県警 平瀬正孝捜査一課長

“別の顔”が存在か…「うちの子には優しかった」

事故の偽装に加え、自身を第一発見者に見せかけたとみられる松成容疑者とは、一体どんな人物なのか。

捜査関係者によると、松成容疑者は高級車やギャンブルが好きで、私生活でも借金を抱えていたという。

一方で、松成容疑者をよく知る人は…

松成容疑者を知る人物:
お年玉を必ず持って来てくれます。うちの子どもたちには優しかった

西村一敏さんの親族:
まさか、こんなことになるなんて夢にも思わなかった。誰も英一郎のことを悪く言う人いないと思う

世話好きだったとも見える普段の顔と、別の顔を持っていたのか…。

松成容疑者は、自分の会社で西村さんの面倒を見る代わりに生命保険に入れたいと、親族に話を持ち出した。

西村一敏さんの親族:
「もし、かずさんに何かあった時には」という話になって。「かずさんの保険を一本、俺の名前で入れていいか」という話になって。英一郎のこと信用しとったし…

西村さんの死後、松成容疑者は生命保険金の1,500万円を手にしたとみられ、さらに1,000万円以上の自動車保険も申請をしたということだが、結局、支払われなかった。

城谷陽一郎記者:
捜査員が家宅捜索に入ります

家宅捜索が行われた運送会社

捜査本部は、松成容疑者の会社など関係先を捜索するなど、松成容疑者が西村さんを保険金目当てで殺害したとみて全容解明を進めている。

(テレビ西日本)