有罪判決

政務活動費をだまし取った罪に問われ、今日、神戸地裁で有罪判決を受けた、元神戸市議の橋本健被告(38)がFNNの単独インタビューに応じた。
橋本被告と言えば、2017年夏、妻子がある身でありながら今井絵理子参議院議員との不倫疑惑で、一躍時の人となっていた。
当時、記者たちからの追及に、汗だくになりながら“しどろもどろ”になりながらの釈明していた。

一方で、架空の議会報告丁嵐を印刷し、不正に政務活動費を受け取った疑いがもたれていた。当初は取材に対して疑惑をきっぱりと否定していたが、その直後に市議を辞職。

今年2018年2月、架空の領収書を使いウソの収支報告書を作成し政務活動費、約690万円を騙しとった詐欺の罪で在宅起訴されていた。

9月の初公判で検察側は、橋本被告が政務活動費を“ゴルフ”や“キャバクラが通い”などに使っていたと指摘していた。

一方、裁判の行方と共に注目を集めたのは10 月3日の今井議員のブログ。
「現在、私 今井絵理子は元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いさせていただいております」と堂々交際宣言

更にブログでは
「犯してしまった罪は心から償い再起に向けて歩みを進めて欲しいと思います」
判決を待つ交際相手、橋本被告への思いを綴っていた。
そして迎えた今日の判決。
橋本被告に懲役1年6か月、執行猶予4年の判決が下された。

神戸地裁は、判決に際し、
「身勝手で利欲的な動機で犯行も大胆かつ巧妙であり悪質。立場を忘れたコンプライアンス意識の低さはあきれざるを得ない」と、断罪。反省していることや社会的制裁を受けたことは認めつつも事案の悪質性などから長めの4年という執行猶予判決を言い渡した。

今後の身の処し方は?

判決後FNNの単独インタビューに応じた橋本被告は、今後の身の処し方に関して
「見通しが経っているわけではない。歯科医師として今もこの一年間コツコツと仕事をしてきています。」

Q:政界への復帰は?
「今の時点では考えていない。」

Q:今井議員との関係については?
「交際している事実については、(報道で)お伝えられている内容に対して特段、異論はないですし、(交際について)私も聞かれれば『はい』と答えます」

Q:判決内容について今井議員への報告は?
「これから報告します」

Q:一部報道で、判決後に結婚するという話もあるが…?
「事実ではないですね。この年齢での交際ですので、当然そういう可能性は皆さん気になるだろうし、私も無関心なわけではないですけれども、いま、ここでお話しすることではないと思っています。」


(プライムニュース イブニング 10月29日放送分より)