岸田首相は8日午後、衆参両院の本会議で、就任後初となる所信表明演説を行った。

岸田首相「わたしが目指すのは、新しい資本主義の実現です。わが国の未来を切りひらくための新しい経済社会のビジョンを示していきます。国民の皆さんとの丁寧な対話を大切にしていきます」

岸田首相は、演説で「難しい課題に挑戦していくためには、国民の声を真摯(しんし)に受け止め形にする、信頼と共感を得られる政治が必要」と強調した。

また、新型コロナ対策をめぐっては、「経口治療薬の年内実現化を目指す」としたほか、影響を受ける事業者に対して、地域・業種を限定せず、事業規模に応じた給付金の支給や、非正規労働者や子育て世帯などへの給付金支援を行う考えを示した。

立憲民主党・枝野代表「残念ながら、きょうの所信表明演説、あえて申し上げると、一切と言っていいと思うが、美辞麗句を並べるだけで、具体的にどうするのかという中身がなかった」

一方、立憲民主党の枝野代表は岸田首相の演説について、「中身がスカスカだ」と批判したうえで、「わたしたちの方が具体策を持っている」と強調した。