入院中の女性が新型コロナの危険を病室からの動画で訴え

入院中の女性が新型コロナウイルスの危険性を病室からの動画で訴え、注目されている。

「(感染しないと)過信している人がいたら私を見て」とベッドに横たわり、咳込みながらそう訴える白人女性。イギリス・ロンドン市内の病院に入院しているタラ・ジェーン・ラングストンさん39歳だ。

基礎疾患はなく、健康だったが体調を崩して運ばれた病院で新型コロナウイルスに感染したと診断された。

タラ・ジェーン・ラングストンさん:
(激しく咳込み)ゴホ、ゴホ、ゴホ…(感染しないと)過信している人がいたら私を見て
たばこをやめてない人はすぐに禁煙して。なぜなら肺は大事だから。

呼吸用チューブを装着したまま、苦しそうな息遣いで訴えるラングストンさん。
集中治療室からのメッセージだ。

タラ・ジェーン・ラングストンさん:
これ(呼吸用チューブ)がないと呼吸ができません。両手に点滴、カテーテルも刺さっている。
実は以前に比べて10倍くらい回復しているけど、それが何日前かも数えられないほどです。
お願いだから(自分は)大丈夫だと思わないで。
悪化すれば(ゴホ、ゴホ…咳込む)あなたもここに来ることになるから。

若者たちの意識の低さに警鐘

ラングストンさんが警鐘を鳴らす理由…それは感染防止に対する人々の意識の低さにあった。
アメリカ・フロリダ州マイアミでは今月17日、大学の春休みを利用して多くの若者がパーティーに参加。

その若者たちからは「コロナにかかるときはかかる。コロナウイルスなんかでパーティーはやめないよ」「オレたちはノリで生きているからね。ただ今を生きているんだよ。何か起きたらその時はその時で」などと声があがった。ビーチも若者たちでにぎわっていた。

タラ・ジェーン・ラングストンさん:
もう一度言います。絶対に過信はしないで。

イギリスの感染者数は23日までに6650人、死者は335人に上っている。

感染拡大を防ぐためジョンソン首相は国民に外出をしないよう指示をした。

ジョンソン首相:
国民に単純な指示をする。今夜から自宅待機するように。

食料や医薬品などの生活必需品の購入や1日1回の運動を除く事実上の外出禁止令。
違反した場合は警察の取り締まりが可能とされている。

花見シーズンの日本では“コロナ慣れ”という事態が…

一方、日本国内でも“コロナ慣れ”などと言われる事態が…
これについて専門家は電話インタビューで次のように語る。

山野医療専門学校・中原英臣副校長:
お花見とか少し油断しているんじゃないかと思う。自重するのも大事じゃないかと思います。

(Live News it!3月24日放送分より)