岩手ゆかりの作家などが出演して2年ぶりに開催される「盛岡文士劇」のチケットの一般販売が、10月7日から始まった。

盛岡文士劇のチケット販売会場の一つ、盛岡劇場には、発売前から約30人が足を運んだ。

「盛岡文士劇」は、岩手にゆかりのある作家やアナウンサーなどが現代物と時代物の芝居を上演するもので、2020年は新型コロナウイルスの影響により1995年の復活以来初めて中止された。

2年ぶりの開催となる2021年は、出演者を県内在住の人に限るなどの感染症対策が取られる。

1番乗りの人は…
「5時前から(並んだ)。やっぱり良い席を取りたいと思った。去年は無かったから今年は張り切って早く起きた」

盛岡文士劇は、めんこいテレビからも石橋アナウンサーと細田アナウンサーが出演し、12月4日と5日に上演される。