山梨県の林道脇で女性の遺体が発見された事件。

警察は、女性を監禁した疑いで55歳の男を逮捕した。男は被害女性の隣人。調べに対し、女性を車に乗せ林道に連れて行った際の様子を話していることがわかった。

遺体には打撲など暴行の痕

警察署から出てきた白い服の男。逮捕監禁の疑いで逮捕、送検された会社員の山口正司容疑者(55)。

この記事の画像(8枚)

事件は10月2日、山梨県笛吹市の林道脇で市内に住む女性が遺体で発見されたことから明らかになった。

女性は、9月29日から行方が分からなくなっていた古屋美紀さん(54)。遺体に打撲など暴行を受けた痕があったため、警察は死体遺棄事件として捜査を始めた。

その結果、古屋さんを車に乗せ、連れ去ったなどの疑いが強まり、隣人の山口容疑者を5日に逮捕したのだ。

山口容疑者の自宅のすぐ隣には被害者の自宅があり、周辺を見渡すと、その他の民家は少し離れた場所に位置している。

山口正司容疑者の自宅 電柱の左側に古屋美紀さんの自宅がある(山梨県笛吹市)
遺体で発見された古屋美紀さんの自宅 右手に山口正司容疑者の自宅

古屋さんは「恨まれるような人ではない」

山口容疑者について近所の人はこう話す。

近隣住民:
悪い人とは思っていなかった、全然。おとなしい人のような気がしました。

一方、古屋さんの職場の同僚はショックを隠せずにいる。

古屋さんの同僚:
なんであんないい人が…とか、信じられないというのが本音です。人から恨みを買うような方ではないので…

調べに対し、監禁の容疑を認めているという山口容疑者。車から降りる前の古屋さんの様子について、次のように話しているという。

山口正司容疑者:
林道に着いた時、古屋さんはまだ生きていた。

警察は死体遺棄容疑も視野に入れ、古屋さんの死因の解明などを進めている。

(「イット!」10月6日放送より)