プレスリリース配信元:Report Ocean

2021年10月04日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-世界の工作機械市場は、2021年から2027年の予測期間において、4%以上の健全な成長率が見込まれています。


世界の工作機械市場は2027年までに1,056億7,000万米ドルに達する見込みです。



レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2469

市場の概要:


世界の工作機械市場は、2020年には約803億米ドルとなり、2021年から2027年の予測期間には4%以上の健全な成長率が見込まれています。工作機械は、金属やその他の素材を加工したり、形を整えたりするために、切る、削る、せん断するなどの変形を行うために利用されます。現代の工作機械は、人間の筋肉ではなく、電子的または油圧的に駆動されるものが主流となっています。製造業の成長、ロボットや人間と機械の相互作用の増加、市場関係者による投資の増加が、工作機械の市場を牽引しています。例えば、2020年12月、Georg Fischer Ltd.がInd?stria e Com?(C)rcio Ltda.(FGS)を買収しました。(FGS)を買収しました。この買収により、Georg Fischer Ltd.のブラジルおよび南米地域での事業拡大が期待されています。さらに、この分野で起こっている技術的進歩は、今後数年間で市場を成長させると予想されます。しかし、社会的・経済的要因に関連した不確実性が、予測期間における市場の妨げになる可能性があります。

世界の工作機械市場の地域別分析では、アジア太平洋地域、北米、欧州、ラテンアメリカ、その他の地域が考慮されています。アジア太平洋地域は、自動車、航空宇宙、建設、製造などの産業における需要の高まりにより、市場シェアの点で世界を席巻しています。一方、北米は、製造業などの産業で自動工作機械の導入が進んでいることから、2021年から2027年の予測期間において最も高い成長率を示すと予想されています。

本レポートに掲載されている主なマーケットプレイヤーは以下の通りです:


株式会社アマダ
カイロングループSE
斗山製作所
Georg Fischer Ltd.
ヒュンダイ・ワイア社
株式会社小松製作所
大熊製作所
シュラーAG
Mag IAS Gmbh
ヤママザキマザック株式会社


この調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象となる各地域・国における産業の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては、以下の通りです。

タイプ別:


旋盤加工機
フライス盤
レーザー加工機
研削盤
溶接機
巻線機
その他

詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


技術別:


コンピュータ数値制御(CNC)
コンベンショナル


販売チャネル別:


ダイレクト
間接販売


エンドユース別:


自動車
航空宇宙・防衛
建設機械
電力・エネルギー
産業機器
その他


地域別:


北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2469

私たちに関しては:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。