自宅に父親とみられる男性の遺体を遺棄した疑いで北海道十勝地方の芽室町に住む男が10月4日、逮捕されました。

 死体遺棄の疑いで逮捕された芽室町の無職、成澤和也容疑者(64)は、自宅に90代の父親とみられる男性の遺体を遺棄した疑いがもたれています。

 9月29日、芽室町の職員が父親の男性と連絡がとれないことから警察に相談。

 10月4日午後2時ごろ、警察が成澤容疑者と共に自宅に入った際、2階の部屋の床に仰向けで倒れている男性が発見されました。

 警察の調べに成澤容疑者は「父親は2か月前に死んだ」と容疑を認めています。

 成澤容疑者は父親と二人暮らしで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに死因を調べています。