SNS映えスポットに『Setouchi Kitchen』オープン

香川・三豊市の父母ヶ浜は、日本の夕陽100選にも選ばれ、SNS映えすると全国から観光客が訪れる瀬戸内で話題の観光スポット。

そんな父母ヶ浜に、2019年9月にオープンしたレストラン『Setouchi Kitchen COLORS 父母ヶ浜』。
木のぬくもりが感じられ、全面ガラス張りで景色が堪能できるようになっている。

コンセプトは、「瀬戸内の色を視覚や味覚など、五感で楽しんでもらうこと」。
店内からのロケーションだけでなく、提供する料理も地元の食材にこだわった地中海料理で、瀬戸内ならではの魅力を発信している。

Setouchi Kitchen 久保敦嗣マネージャー:
地元の食材にこだわっている。実際に生産者の元を訪ねてお話をうかがっている。これだけの景観があるので、景色を見ながらゆっくりと時間を過ごしてもらいたいと思っています

三豊市仁尾町でとれたしらすと、地元のローカル野菜「三豊ナス」を使ったパスタ『釜揚げしらすと季節野菜のパスタ(1,300円)』。
しらす本来のうま味を引き立たせるため、シンプルな味付けに仕上げている。

岡山放送 森夏美アナウンサー:
口の中いっぱいにしらすの香りが広がって、ナスもみずみずしくておいしいです。この景色を眺めながら食べると、よりいっそうおいしく感じます

環境への取り組みも

また、「Setouchi Kitchen」は環境への取り組みにも力を入れている。

三豊市の印刷会社、マルモ印刷が運営を担っているため、店内のストローはすべて紙製。
環境にやさしい資材を取り入れている。
…平日でも県の内外から多くの人が訪れ、絶景を眺めながら優雅なひと時を満喫していた。

訪れた人:
たまに、こういうおしゃれなレストランで景色を見ながら食事ができることがすごくうれしい

訪れた人:
いいですね、若い人も歩いてるし。いろいろなお店ができて、にぎわってほしい

父母ヶ浜の美しい景観と、ここでしか食べられない味。
五感で瀬戸内を堪能できる新たな拠点に、地域のにぎわい作りへの期待が高まる。

(岡山放送)