話題のインスタ映え神社

鹿児島県鹿屋市に2017年にできた神社が「インスタ映えする」と話題になっている。一体、何がインスタ映えするのか。

ずらりと並んだ赤い鳥居。数は139基ある。
トンネルのようにどこまでも続いていて、幻想的な光景を作り出す。

鹿屋市の「神徳稲荷神社」。恋愛成就はもちろん、産業の神様も祭られていて、商売繁盛、家内安全、五穀豊穣、航空安全にもご利益があるという。

この地はかつて藪に覆われた荒地で、古くから祠がポツンとある場所だった。

しかし、2017年に神社が建立されると「何を撮ってもインスタ映えする」と人気のスポットになった。

祠があった場所には、新しく神殿が造られ、連日多くの参拝客が訪れている。

参拝客:
建物がすごくきれいで、今風の神社だなって思いました。インスタ映えするって言われてるだけあるなと

参拝客:
始めてきたので楽しみに来ました。こんなにきれいな神社ができているとは思わなかった

ガラス製の鳥居。

季節や時間によって表情を変える様から、参拝客に変化していく人の生活を感じてほしいと取り入れたそう。

一方、おみくじにも仕掛けがあった。引いたおみくじは、結び付けるのではなく、こうして池の水で溶かす。小吉のおみくじはあっという間に溶けてなくなった。

また、境内には良縁に恵まれるという、「えんむすびの大石」がある。

石には自然にできたというハート型の亀裂がある。

恋する乙女がご利益を求めて熱心にこする間に苔が取れ、ハートの部分だけきれいなピンク色になった。

老若男女がカメラを向けたくなる神徳稲荷神社。鹿屋の新しいスポットとして知名度が急上昇中。

(鹿児島テレビ)