元日にタイ国際空港でバック置き引き

タイ警察は1月2日、スワンナプーム国際空港でタイ人女性のバッグを盗んだとして、日本人の竹内洋樹(タケウチ・ヒロキ)容疑者(57)を逮捕した。

調べによると竹内容疑者は1日の午後9時過ぎ、空港のフードコートでタイ人女性が置いていたバッグを盗んだ疑いが持たれている。女性のバッグにはパスポート2通と財布、現金9万韓国ウォン(8300円相当)などが入っていた。空港内に設置された監視カメラには、竹内容疑者の犯行の一部始終が記録されていた。

逮捕された竹内容疑者

一旦盗んで物陰に・・・監視カメラが記録

監視カメラには竹内容疑者は女性から盗んだバッグを一旦、物陰に隠す様子が捉えられていた。およそ10分後に再び同じ場所を訪れ、自分で隠したバッグを手に持ち、空港の外に持ち去る様子も鮮明に記録されていた。

警察の取り調べに対し、竹内容疑者は「なぜ自分の手にバッグが入ってしまったのか分からない」などと供述しているという。竹内容疑者が盗んだ女性のバッグは、現在も発見に至っていないという。

タイ人女性の青いバッグを盗む竹内容疑者
バッグを盗まれたタイ人女性と竹内容疑者

海外での犯罪は「日本人イメージ」に影響

3日に行われた警察の記者会見には、地元タイメディア10社以上が参加した。特に東南アジアでは日本人が逮捕されると、それがどのような類のものであれ、大きくメディアに取り上げられる傾向がある。なぜなら日本人の東南アジアでの評判は高く、日本人が加害者として逮捕されることが地元では「意外」で珍しいことだからである。

記者会見にはタイメディア10社以上が集結

会見に参加したタイメディアの一人は「日本人は普通、優しく丁寧な人たちなのでびっくりした。こういうことをやると自分の国のイメージが悪くなるのはわからないのかな」と首を傾げた。

近年、日本人が外国で逮捕されるのは「意外」なことではなくなってきている。2019年は特に特殊詐欺や強盗など、東南アジアで日本人による犯罪が相次いだ年だった。

海外では日本人一人一人の言動が、その国の人が抱く「日本人イメージ」に影響する。そして海外で罪を犯した日本人を取材するたびに、毎回残念な気持ちになるのである。

【執筆:FNNバンコク支局長 佐々木 亮】