2022年2月に開催される北京オリンピックについて、IOC(国際オリンピック委員会)は、海外の観客の受け入れを見送る方針を発表した。

IOCは29日、北京オリンピックで適用する新型コロナウイルスの感染予防策の指針をまとめ、観客はコロナ対策の要件を満たした中国本土の在住者だけに限定し、海外の観客は受け入れない方針を明らかにした。

ワクチンを接種していない選手や大会参加者には、北京到着後、21日間の隔離措置が取られるという。

また大会期間中、選手らの移動は練習会場や競技場など、大会関連施設に限定される。

これらの指針の詳細を記したプレイブックは、10月下旬に発表するという。