自民党総裁選は、決選投票が行われた結果、岸田前政調会長が河野規制改革担当大臣を破り、新しい総裁に選出された。

総裁選は、岸田・河野両氏の他、高市前総務大臣、野田幹事長代行の4人が立候補しましたが、国会議員票と党員票の合計で、いずれの候補も過半数を取れず、1位の岸田氏と2位の河野氏の決選投票が行われた。
決選投票で、岸田氏は、議員票249票、都道府県票8票のあわせて257票、河野氏は、議員票131票、都道府県票39票のあわせて170票となり、岸田氏が河野氏を破り、新しい総裁に選出された。

岸田氏は、来月4日に召集される予定の臨時国会で、菅総理の後任の総理大臣に選出される見通し。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

【関連記事はこちら】
自民党総裁選2021