緊急事態宣言の全面解除が決まり全国でどの地域にも宣言が出されていない状態になるのは今年4月4日以来およそ半年ぶりで、県内の観光事業者はようやく明るい兆しが見えたと安堵しています。

ホテルパームロイヤルNAHA高倉直久総支配人「正直少しほっとした部分と気を引き締めて感染症対策をやりながら決意を持って営業を続けていこうと感じました。」

すでに解除を見越した宿泊予約も増え始めていて観光客が全国から訪れる事に期待を寄せる一方、引き続き感染対策にも気を引き締めて臨みます。

高倉直久総支配人「全国の皆さまもワクチンを積極的に接種して下さっていますのでその方たちが旅行に出向いて観光を楽しんでいただけたらなと思っています。」

県によりますと水際対策として渡航者が出発地の空港で無料で受けられるPCR検査について政府は10月末まで延長する考えを示しているということです。