富士宮市議会の議長選をめぐる贈賄事件で前の議長が起訴されました。

贈賄の罪で起訴された富士宮市議会の前議長・遠藤英明被告(79)は同じ会派に所属する議員と共謀し、おととしの議長選挙の前日に別の議員に自身への投票の見返りに現金100万円を渡そうとしたとされています。

遠藤被告と共謀したとされる市議・稲葉晃司容疑者(48)は27日に贈賄の疑いで書類送検され、辞職願を提出しています。