<プレミアム付き電子商品券の販売>
販売・利用開始は【11月1日】、プレミアム率は30%。例えば5000円で6500円分の電子商品券を購入でききる。すべての店で利用できるわけではなく、感染症対策に取り組む県の認定店限定になる。福島県公認のステッカーが貼ってある店で、県のホームページでも確認することができる。

飲食需要の喚起のほかに、感染対策を適切に行う飲食店の拡大や取引先事業者への波及効果など地域経済の活性化を図る。

<宿泊割引事業「県民割プラス」のスタート>
感染拡大に伴って延期されていた県民限定の宿泊割引事業「県民割プラス」もスタートする。10月4日の宿泊分からが割引の対象で、10月1日に予約の受付を開始、1泊5000円以上の宿泊に対し宿泊額に応じて2500円から最大1万円が補助される。

さらに県内の観光施設や土産物店などで使える2000円分の地域クーポンも配布される。約60万泊分を予定していて、感染症対策と県内経済の活性化の両立を図っていく。