高校在学中にJリーガーの切符を手にしました。来季、サッカーJ2アルビレックス新潟への加入が内定した佐賀東高校の吉田陣平選手の入団会見が開かれ、「ゴールを決めてチームを勝たせたい」と抱負を述べました。

新潟市出身で佐賀東高校3年の吉田陣平選手は、身長170センチと大柄ではないものの、ドリブルの突破力、パスセンスの高さなどが評価され、地元のアルビレックス新潟への加入が内定しました。小学生の時に在籍した地元新潟のクラブのコーチが佐賀東高校にいたことをきっかけに入学した吉田選手は、1年生の時から主力として活躍、2年生で出場した全国高校サッカー選手権大会では優秀選手に選ばれ、日本高校サッカー選抜にも選ばれています。

佐賀東高校3年 吉田陣平選手:「ファンとしてアルビレックスを応援していたので、そこのピッチに立てるというのは本当に嬉しく思う。アルビレックスでは決定的なチャンス作ったり、自分でゴールを決めてチームを勝たせたりとか、そういう役目を果たしていきたい」

佐賀東高校在学中に、Jリーグのクラブに内定したのは元サガン鳥栖の平秀斗さん以来、吉田選手が9年ぶり、2人目になるということです。