8月の記録的な豪雨による災害が激甚災害に指定されました。

棚橋防災担当大臣:「令和3年8月の前線にともなう一連の豪雨災害について、激甚災害に決定する政令を決定いたしました。被災された自治体や事業者の方々におかれましては、財政面や資金面に不安を抱くことなく、災害復旧に取り組んでいただきますよう万全を尽くして参りたい」

これは、28日の閣議後の会見で棚橋防災担当大臣が明らかにしたものです。農地などの復旧については、地域を限定しない「本(ほんげき)激」に、武雄市と大町町については中小企業の事業再建のための資金調達を支援する「局激」に指定されました。