プロ野球BCリーグ、富山GRNサンダーバーズの永森茂球団社長など球団関係者が28日BBTを訪れ、来シーズンから挑む新リーグへ意気込みを語りました。

BBTを訪れたのは、富山GRNサンダーバーズの永森茂社長や吉岡雄二監督など3人です。
今シーズンのサンダーバーズは、先発投手陣の活躍もあり終盤まで優勝争いを演じましたが、夏場の連敗が響き2期連続のプレーオフ進出とはなりませんでした。
そのサンダーバーズは、BCリーグを脱退し、来シーズンから富山・石川・福井・滋賀の4球団で立ち上げた新リーグ「日本海オセアンリーグ」に所属します。
永森社長や吉岡監督は、今シーズンを振り返り「夏場に選手のパフォーマンスが低下した。新リーグは試合数が減り増える練習日を大事にして、選手の育成に力を入れたい」と新リーグへの意気込みを語りました。
新リーグは、11月に、まずトライアウトを実施する予定です。