親戚の60代女性から保管を依頼されていた700万円を着服・横領したしたとして、松江市の会社員の男が逮捕されました。
横領の疑いで逮捕されたのは、松江市八幡町に住むの会社員の男(40)で、2019年7月26日に松江市内に住む親戚の60代女性から保管の依頼を受けて自分名義の口座で700万円を保管していたが、その後この金を着服・横領した疑いが持たれています。上久保容疑者は、口座に振り込まれた3日後の29日に現金を引き出したということですが、調べに対しては黙秘しているということです。60代女性からの相談があり事件が発覚。警察が動機などについて調べることにしています。