27日午後3時半ごろ、新潟県上越市中郷区福崎新田の踏切で、えちごトキめき鉄道・妙高はねうまラインの普通列車と、近くに住む手塚正義さん(78)の運転するバイクが衝突する事故がありました。

手塚さんはその場で死亡が確認され、列車の運転手や乗客およそ20人にけがはありませんでした。

現場の踏切は遮断機や警報機がなく、警察は手塚さんが近づいている列車に気づかず踏切内へ入ったとみて、事故の原因を詳しく調べています。

この事故の影響で、妙高はねうまラインは一部区間で運転を見合わせました。

また運輸安全委員会は28日午後、鉄道事故調査官を現地に派遣するということです。