フルーティで飲みやすい…方向性180度変えた日本酒開発 清酒離れコロナ禍の社運をかけた挑戦(鳥取県)

TSKさんいん中央テレビ
TSKさんいん中央テレビ
地域

日本酒離れが進む中、コロナ禍で打撃を受ける日本酒業界。局面を打開しようと、鳥取県湯梨浜町の老舗酒造がフルーティーな新商品を開発しました。伝統を一新、社運をかけた挑戦です。

週末の居酒屋で、日本酒について聞いてみました。

客:
「日本酒はあまり飲まないですね。日本酒が嫌いなわけではないけどビールが好きなので」
「私は大好きです!でも飲むのは控えてます。翌日に響くから」

近年顕著な日本酒離れ。ビールやカクテルなどの台頭で、清酒の出荷量はピーク時の昭和48年に比べ令和元年は3割以下にまで落ち込んでいます。こうした中・・・。

本田 航太記者:
「こちら湯梨浜町の東郷湖です。ここから道を1つ挟んだ場所にある老舗の酒造会社。社運をかけた新商品の開発に取り組んでいます」

先月2日から販売が始まった日本酒『星取』。「鳥取県で一番星の企業になれるように」と命名されました。

福羅酒造・福羅隆元社長:
「全部で5種類あります」

「星取」シリーズは、梨、あんず、ライチ、白桃、メロンの5つの風味で展開。デザインもおしゃれに工夫しました。日本酒はちょっと苦手、と言う記者が試飲してみると…。

本田記者:
「甘い果物、メロンのような甘い香りがします。ジュースのようで非常に飲みやすくて後味もスッキリしていて、とても美味しいです」

「星取」シリーズには果物は一切使われておらず、風味を出すための添加物も入っていません。酒の原料となる酵母の温度や湿度を細かく管理することで、果物のような香りを醸し出すことに成功しました。

福羅隆元社長は、福羅酒造の5代目。明治時代から130年続く伝統を守り続けてきました。しかし売上は近年右肩下がりに…コロナも追い打ちをかけ、昨年度はピーク時の4分の1に落ち込みました。

福羅酒造・福羅隆元社長:
「もう社運をかけて、新しいことに取り組まなければならない。方向性を180度変える。そのくらいの覚悟がないとやっていけないと思いました」

そこで福羅社長は、新規顧客を開拓しようと『甘口』の日本酒を考案。伝統的な辛口にこだわるプライドを捨てた新たな挑戦でした。

社員:
「これが温度と湿度をリアルタイムで管理できるシステムです。これまでは職人がさじ加減で管理していた」

造り方も刷新!杜氏による職人の感覚ではなく、徹底的にデータでの管理をスタート。こうして開発した「星取」シリーズは、鳥取県内の百貨店や酒屋で8月に発売され、売れ行きは好調だといいます。しかし・・・。

福羅酒造・福羅隆元社長:
「まだ究極とは言えない、進化中。お客さんはもっと美味しいものを求められると思うので、その期待に応えたいと思います」

老舗酒造が生き残りをかけた「星取」シリーズ。一番星として輝きを取り戻すことができるのか注目です。

鳥取県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

TSKさんいん中央テレビの他の記事

島根スサノオマジック西地区首位! 3人の外国籍選手の活躍で大…

島根スサノオマジック西地区首位! 3人の外国籍選手の活躍で大…

地域
【新型コロナ速報】島根県で新たに17人の感染を確認 累計は1…

【新型コロナ速報】島根県で新たに17人の感染を確認 累計は1…

地域
【新型コロナ速報】17日は鳥取県で新たな感染者の発表なし 2…

【新型コロナ速報】17日は鳥取県で新たな感染者の発表なし 2…

地域
TSKの鉄塔がグリーンにライトアップ 移植医療への理解を(島…

TSKの鉄塔がグリーンにライトアップ 移植医療への理解を(島…

地域
島根原発から低レベル放射性廃棄物を搬出(島根・松江市)

島根原発から低レベル放射性廃棄物を搬出(島根・松江市)

地域
【新型コロナ詳報】島根県でブレイクスルー感染によるクラスター…

【新型コロナ詳報】島根県でブレイクスルー感染によるクラスター…

地域
一覧ページへ
×