ほかのワクチンとの違いは?副反応は?アストラゼネカ製の接種が山陰で初めて鳥取県で始まる

TSKさんいん中央テレビ
TSKさんいん中央テレビ
地域

山陰地方では初めてとなるアストラゼネカ製のワクチン接種が、鳥取県で25日からスタートしました。副反応や接種対象などこれまでのワクチンとの違いを取材しました。

本田 航太記者:
「こちらのワクチンには、アストラゼネカと書いてあります。鳥取県で接種が始まっています」

鳥取市で25日にスタートしたアストラゼネカ製のワクチン接種。この日は予約枠50に対して11人が訪れました。アストラゼネカ製のワクチンは、ウイルスベクターワクチンと呼ばれ、コロナの遺伝子情報が組み込まれた別のウイルスを体内に投与し、コロナの抗体をつくります。ファイザーやモデルナと同様2回の接種が必要ですが、接種間隔は8週間以上とされており、ファイザーやモデルナと比べると長いことが特徴です。
アストラゼネカ製のワクチン接種は鳥取県・島根県ともに18歳以上が対象で、原則、アレルギーが原因でファイザーとモデルナのワクチンが打てない人、海外でアストラゼネカ製ワクチンの1回目接種を終えた人となっています。

鳥取県ワクチン接種推進チーム・向井京子さん:
「これまでアレルギーなどで打てず困っておられる方の為に導入した。また40代以上の方の選択肢を増やすために導入した」

接種を受けた人:
「アレルギー体質でこれまで受けられず葛藤がありました」
「40歳以上なので、迅速に打てるから」

気になる副反応については…。

鳥取県ワクチン接種推進チーム・向井京子さん:
「血栓ができるという話もあるので、心配な方は主治医と相談し接種してほしい」

副反応はファイザーやモデルナと同様、発熱や頭痛などが確認されていますが、数日でおさまると言うことです。鳥取県によるとアストラゼネカ製による重い副反応の報告はこれまでのところ確認されていません。鳥取県でのアストラゼネカ製のワクチン接種は、同じ鳥取市の会場で今週土曜日のみ50人の枠を設けていて、予約枠には十分余裕があるということです。

一方島根県では来月5日から島根県立中央病院で接種がスタートします。
【スタジオ】アストラゼネカとファイザー・モデルナ違いの表

鳥取県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 島根県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

TSKさんいん中央テレビの他の記事

初登場!妖怪影絵秋バージョン 鬼太郎やねこ娘が夜の街に浮かび…

初登場!妖怪影絵秋バージョン 鬼太郎やねこ娘が夜の街に浮かび…

地域
10分間で何皿食べられるか!? 小学生がジンギスカンの大食いに…

10分間で何皿食べられるか!? 小学生がジンギスカンの大食いに…

地域
【新型コロナ詳報】島根県で17人の感染確認 新たなクラスター…

【新型コロナ詳報】島根県で17人の感染確認 新たなクラスター…

地域
島根スサノオマジック西地区首位! 3人の外国籍選手の活躍で大…

島根スサノオマジック西地区首位! 3人の外国籍選手の活躍で大…

地域
【新型コロナ速報】島根県で新たに17人の感染を確認 累計は1…

【新型コロナ速報】島根県で新たに17人の感染を確認 累計は1…

地域
【新型コロナ速報】17日は鳥取県で新たな感染者の発表なし 2…

【新型コロナ速報】17日は鳥取県で新たな感染者の発表なし 2…

地域
一覧ページへ
×