今週後半にも列島に接近しそうな台風16号。

気象庁は9月26日、台風16号が最も強い“猛烈な台風”に発達したと発表。米軍合同台風警報センターでは「スーパー台風」にカテゴライズされました。

可能性は低いですが予報円の西側を通ると、2019年9月、房総半島を中心に甚大な被害をもたらした台風15号と似たルートを通る可能性もあります。

進路次第で大雨の危険性…過去の被害をもたらした台風と同レベルの勢力

この記事の画像(4枚)

天達武史気象予報士
この台風16号、雲の渦が、ぐーっとこう巻き込んでくる形で、目がくっきりはっきりとしてきました。台風というのは目が小さくはっきりしているほど勢力が強い、風が強いということを表していて、いま猛烈な強さまで発達しています

天達武史気象予報士
この先も海面水温30度くらいの場所を通過していきますので、木曜から金曜日にかけて、関東に接近する恐れがあります。特に伊豆諸島方面。直撃する場合、それほど勢力を落とさずにやってくる可能性があります。いま最大瞬間風速が75メートルと家が倒壊したり、車が横転、ひっくり返るような、そのくらいの風が吹いているのですが、それほど弱めずにスピードを一気にあげながらやってきますので、急に木曜日から金曜日にかけて風や雨が強まる、そういう危険のある台風ですね。それで、進路なんですけれども、予報円がまだ少し大きいんです。この中心が木曜日から金曜日、西側を通るか東側を通るかで影響が大きく変わってきそうなんですね。

現状では、関東地方への影響はどの程度予想されるのでしょうか?

天達武史気象予報士
この台風が、予想進路の西側を通過した場合、金曜日に、場合によっては関東にかなり接近・上陸する可能性が出てきています。この非常に強い勢力で上陸した場合、2019年の台風15号と同じくらいの暴風雨が吹く可能性があります。このときは千葉で57.5メートル、記録的な風だったんですけれども、これが広い範囲で吹いてしまう可能性があるんですね。

天達武史気象予報士
台風の進路などを見ていきたいと思うんですけれども、この台風が中心の西側を通る可能性(上陸コース)としては、かなり低いです。低くなってきました。ただ、油断は出来ないんですよね。まだ予報円の西側を通った場合は暴風雨に加えて、大雨の危険性があります。では、可能性が高いのはどこかと言いますと、予報円の中心を通る伊豆諸島コースです。

天達武史気象予報士
この伊豆諸島コースを通った同じような勢力の台風では、2013年の台風26号が挙げられます。今回よりも強風域の広い台風や前線の影響で、伊豆諸島の伊豆大島で記録的な大雨になりまして、夜中に降った影響で、1日で800ミリを超える記録的な大雨になりました。大規模な土石流が発生してしまったという危険のある台風ですから、この、真ん中のコースを通った場合、特に伊豆諸島そして関東の沿岸部も暴風域に入ってくる可能性があるので警戒が必要です。
特に夜遅い時間、木曜日から金曜日にかけて、警戒が必要になってきますので、水曜日までに早めの備えをお願いしたいと思います。

いつ警戒が必要か?

台風16号のピークはいつごろなのでしょうか?

天達武史気象予報士
ピークの予想、週間予報で見ると、特にいまは東北から東海地方の静岡あたりまで、この段階では気をつけていただきたいと思います。今回の台風はスピードが急に速くなってきますので、木曜日の後半から急に雨風が強まるという可能性があります。まずは、伊豆諸島、さらに東海、関東、東北へ特に金曜日を中心に交通が大きく乱れる可能性が中心から西側を通った場合、考えられますので、早めの対策をお願いします。今後、最新の台風情報をご確認ください。

(めざまし8 9月27日放送より)