任期満了に伴う岩手・一関市長選挙が9月26日告示され、新人の佐藤善仁さん(63)が無投票で初当選した。

一関市長選挙の立候補の届け出は26日午後5時で締め切られ、無所属の新人・佐藤善仁さんの他に届け出はなく、佐藤さんの無投票での初当選が確定した。

佐藤さんは、一関市出身の63歳で、市の総務部長などの他、4年間、副市長を務めた。

佐藤さんは、人口減少を最大の課題としていて、多様な働き方や所得の増加の実現、人や経済が市内で循環する町づくりなどを訴えていた。