札幌市北区で40年以上営業を続けてきたソフトクリーム店が9月26日、閉店の日を迎えました。

 閉店するのは札幌市北区新琴似の「ソフトクリームとお菓子の店 藤月」です。

 客:「中学校の頃からずっと食べてますね」

 客:「いやもう悲しいです」

 「藤月」は1979年に創業し、ソフトクリーム1個200円という価格を守り続けた老舗でしたが、店舗の取り壊しのため閉店することになりました。

 コロナ対策で店には1組ずつ客が入店していましたが、地元のファンが引きも切らずに訪れていました。

 店主 榊 和子さん(69):「ありがたく思います。ここまで愛されているのがびっくり。うれしいです」

 最終日の9月26日も午後7時まで営業し、今後は新しい店舗の場所を探すということです。