9月21日から秋の全国交通安全運動が実施されている。

「安全は気配り目配り思いやり」をスローガンに、「歩行者の安全確保」「夕暮れ時と夜間の事故防止」「飲酒運転等の悪質な運転の根絶」などに重点を置いて交通安全を呼びかけている。

例えば、歩行者は手上げ横断や反射材の着用を心掛けるよう呼び掛けている。

郡山警察署交通第一課・根本雄太郎課長:「秋から冬にかけて日が短くなり歩行者や自転車が被害に遭う事故が大変多くなる傾向にあります。ドライバーだけでなく自転車・歩行者の方たち皆さんに交通安全を訴えていきたい」

秋の全国交通安全運動は9月30日まで実施されている。