プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.は、ウェアラブルAI市場の新レポートを2021年09月24日に発刊しました。この調査には、ウェアラブルAI市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-61731


ウェアラブルAI市場は、2022年に251.2億米ドルの市場価値から、2030年までに1,555.1億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に29.75%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/wearable-ai-market/61731

ウェアラブルAI市場の成長は主に、AIアシスタントの需要の増加、ヘルスケア業界での業務の拡大、とIoTの出現とワイヤレステクノロジーの統合に起因する可能性があります。ウェアラブルコンポーネント技術の成長見通し、および消費者の嗜好と高度なウェアラブルデバイスの需要の増加も、ウェアラブルAI市場の成長を推進しています。スマートフォンは、ウェアラブルデバイスから収集されたデータの収集と分析に広く使用されています。スマートフォン業界の指数関数的成長により、Android・IoT対応デバイス、およびユーザーフレンドリーなウェアラブルデバイスアプリケーションの開発が増加しています。さらに、急速な都市化、とウェアラブル技術の将来のトレンドを導く発展途上国における可処分所得の増加は、ウェアラブルAI市場の成長を牽引する他の要因です。工業化の加速とサービスベースのビジネスでの雇用の増加に伴い、消費者の支出パターンは、フィットネス・ヘルスモニタリングのスマートウェアラブルなどの家電製品に大きくシフトしています。これらの要因は、世界のウェアラブルAI市場の成長を促進すると予想されます。

しかし、ライフサイクルが短い急速に進化する家電セクターは、ウェアラブルAI市場の成長を抑制する可能性があります。

ウェアラブルAI市場セグメント


ウェアラブルAI市場は、製品別(スマートウォッチ、イヤーウェア、アイウェア)、操作別(オンデバイスAI、クラウドベースAI)、コンポーネント別(プロセッサー、接続IC、センサー)、アプリケーション別(家電、エンタープライズ、ヘルスケア)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

製品に基づいて、スマートウォッチセグメントは予測期間中にウェアラブルAI市場の最大サイズを保持すると予想されます。

スマートウォッチは、提供されるAI機能に簡単にアクセスできるため、Apple(米国)、Huawei(日本)、Samsung(韓国)などの企業から広く採用されています。さらに、AndroidベースのスマートウォッチにAndroid Wear 2.0 OSが導入されることにより、インターネット接続を介したオンボード音声支援が実現します。スマートウォッチは、着用のシンプルさとワンタッチでの多数の機能の便利な使用により、幅広い消費者の好みを持っています。これらすべての要因により、スマートウォッチセグメントは予測期間中に市場を支配すると予想されます。

コンポーネントに基づいて、センサーセグメントは予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

センサーは、温度、圧力、動き、磁場などのさまざまなパラメーターに関連するデータの通信間の主要な接続リンクです。また、これはウェアラブルの重要なコンポーネントの1つになる可能性があります。より小さく、よりスマートで、より安価なセンサーへの進歩の高まり、およびセンサーと他のコンポーネントとの互換性の向上により、ウェアラブルのセンサーに対する需要が高まっています。これは、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

ウェアラブルAI市場の地域概要

北米地域は、予測期間中にウェアラブルAI市場で最大のシェアを占めました。この地域は、ウェアラブルAI市場の成長に最大の貢献をしています。学術レベルと業界レベルの両方で研究開発が増加していることは、北米のウェアラブルAI市場の成長の主な推進要因です。これにより、家電、エンタープライズおよび産業用アプリケーション、ヘルスケアにおけるウェアラブルAIのアプリケーション領域が広がります。さらに、北米の市場の成長は、新製品の導入につながる技術革新と進歩にも起因しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

ウェアラブルAI市場の主要なキープレーヤー

ウェアラブルAI市場の主要なキープレーヤーには、Apple(米国)、Samsung(韓国)、Google(米国)、Microsoft(米国)、Sony(日本)、Garmin(米国)、Fitbit(米国)、Huawei(中国)、Amazon(米国)、IBM(米国) 、Oracle(米国)などがあります。この調査には、ウェアラブルAI市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61731

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。