プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.は、カスタム抗体市場の新レポートを2021年09月24日に発刊しました。この調査には、カスタム抗体市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-61761


カスタム抗体市場は、2022年に404百万米ドルの市場価値から、2030年までに733百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に8.9%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/custom-antibody-market/61761

抗体は、異物分子まが体内に侵入した後の反応として人体によって生成される宿主タンパク質として定義されます。これらの異物は抗原と呼ばれていますが、個人の免疫系によって登録されています。世界中の科学者がさまざまな研究を行っており、特定の感染症や健康状態を表す抗原に応じてカスタム抗体を作成するという人体のこの自然な活動を利用することに焦点を当てています。カスタム抗体は、通常培養されている抗体よりも優れた選択性と特異性を提供します。研究活動の増加(特にライフサイエンス業界)、産学連携の成長、および拡大する抗体治療パイプラインは、カスタム抗体市場の成長の主要な要因です。APACとラテンアメリカ全体の発展途上国での急速な成長、および個別化医療とタンパク質治療薬の需要の増加は、カスタム抗体市場のプレーヤーに大きな成長の機会を提供すると予想されます。また、世界中でタンパク質治療薬の需要も高まっています。カスタム抗体の生産と関連サービスは、タンパク質治療の鍵です。したがって、これはまた、今後数年間でカスタム抗体市場の成長を促進すると予想されます。

しかし、急な設備投資と抗体開発の長期化の必要性、およびプロテオミクス研究のための抗体代替物への注目の高まりは、主要な市場の課題です。

カスタム抗体市場セグメント


カスタム抗体市場は、サービス別(抗体開発、抗体産生・精製、抗体断片化・標識)、タイプ別(単クローン、ポリクローナル、組換え)、ソース別(マウス、ウサギ、その他)、研究分野(腫瘍学、感染症、神経生物学、幹細胞、免疫学、心臓血管疾患、その他)、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、学術・研究所、契約研究機関)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

抗体産生・精製セグメントは、予測期間中に最高の速度で成長すると予想されます。

サービスに基づいて、カスタム抗体市場は、抗体開発、抗体産生・精製、および抗体断片化・標識に分割されます。抗体産生・精製セグメントは、予測期間中にカスタム抗体サービス市場で最高の成長を目撃すると予測されています。このセグメントの成長は、研究の再現性と高品質の治療法を生み出すための高品質の抗体の必要性に起因しています。

組換えセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

タイプに基づいて、カスタム抗体市場はモノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、組換え抗体、およびその他のカスタム抗体に分割されます。組換え抗体セグメントは、予測期間中に最大の成長率を目撃すると予測されています。バッチ間の再現性、迅速な生産、研究におけるデータの再現性などの利点による組換え抗体の開発の増加は、予測期間中のこのセグメントの成長を推進しています。

カスタム抗体市場の地域概要

北米地域は2018年に世界のカスタム抗体市場の最大のシェアを占めました。しかし、APACのカスタム抗体市場は、予測期間中に最大のCAGRを目撃すると予想されます。アジアの科学的基盤と能力の成長、プロテオミクスとゲノミクスの研究の成長、研究資金の増加、と製薬会社とバイオテクノロジー企業による投資の増加は、この地域のカスタム抗体市場の成長を促進する主な要因です。さらに、パーソナライズされた治療法についての意識の高まり、およびmAbベースの治療法の分野での研究活動の増加も、この地域のカスタム抗体市場の成長に貢献しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

カスタム抗体市場の主要なキープレーヤー

カスタム抗体市場の主要なキープレーヤーには、Thermo Fisher Scientific Inc.(米国)、Bio-Rad Laboratories、Inc.(米国)、Merck Group(ドイツ)、Abcam plc(英国)、Cell Signaling Technology、Inc.(米国)、Agilent Technologies、Inc.(米国) 、GenScript(米国)、BioLegend、Inc.(米国)、Rockland Immunochemicals(米国)、ProMab Biotechnologies(米国)、Innovagen AB(スウェーデン)、ProteoGenix(米国)などがあります。この調査には、カスタム抗体市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61761

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。