プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.が「極低温断熱材市場ーグローバルな予測2030年」の新調査レポートを2021年09月24日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-61754


極低温断熱材市場は、2022年に28.3億米ドルの市場価値から、2030年までに46.0億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.20%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/cryogenic-insulation-market/61754

極低温断熱材市場は、主に燃料としての液化天然ガスの需要の高まりによって推進されています。LNGの輸送と貯蔵は、エネルギー・電力部門における極低温断熱材の主な用途です。市場の大部分はこのセグメントによって保持されているため、LNGアプリケーションは予測期間中に極低温断熱材市場に大きな影響を与えると考えられます。LNGの消費量は、二酸化炭素排出量や船舶の環境規制により、今後数年間でさらに増加することが見込まれます。さらに、自動車、家庭用・商業用燃料、発電などのさまざまな分野でのLNGの需要の高まりにより、天然ガスの探鉱および生産が促進されると予想されます。それにより、極低温断熱材市場の成長を推進します。また、LNGターミナル、貯蔵タンク、LNGを搭載する船舶の増加により、かなりの量の絶縁材料が必要になり、極低温断熱市場の成長を牽引すると予測されています。しかし、不安定な原材料価格は市場の成長の主要な制約です。

極低温断熱材市場セグメント

極低温断熱材市場は、タイプ別(PU・PIR、セルラーガラス、ポリスチレン、グラスファイバー、パーライト)、極低温機器別(タンク、バルブ、気化器、ポンプ、その他)、最終用途産業別(エネルギー・電力、化学、冶金、電子機器、出荷)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

PU・PIRセグメントは、2022ー2030年の間に極低温断熱材市場で2番目に急成長しているセグメントになると予想されています。

タイプに基づいて、PU・PIRセグメントは、予測期間中に、価値の面で最も高い成長を遂げると予想されています。PUR・PIRフォームは軽量で、耐湿性と耐火性があり、熱伝導率と密度が低くなっています。それらはまたよりよい構造性能を提供します。これらの特性により、極低温条件での使用が可能になります。それらは、冷蔵ビル、クーラー、冷凍庫、タンクとパイプの断熱材、家庭用冷蔵庫などのさまざまな用途で使用されます。

極低温断熱材市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域の極低温断熱材市場は、予測期間中に大幅な成長を目撃すると推定されています。この成長は、化学、造船、電子機器、エネルギー・電力などの幅広い最終用途産業における極低温流体の貯蔵および輸送に対する需要の高まりに起因しています。さらに、LNGの需要の増加、およびエネルギーセクターへの投資の増加は、予測期間中にこの地域の極低温断熱材市場の成長を牽引すると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

極低温断熱材市場の主要なキープレーヤー

極低温断熱材市場の主要なキープレーヤーには、Armacell International Holding GmbH(ドイツ)、Lydall Inc.(米国)、BASF SE(ドイツ)、Cabot Corporation(米国)、Rochling Group(ドイツ)、Johns Manville Inc.(米国)などがあります。この調査には、極低温断熱材市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61754

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。