「主文 被告人を懲役5年に処する」

東京地裁718号法廷。9月24日午後3時。傍聴席から向かって左側の扉が開くと、まっすぐに前を向いて黒いスーツ姿の女が入ってくる。緊張からか表情は強ばり、鋭い視線でこちらを一瞥する。睨まれているのではないか、そう感じる。

北井小由里被告(24)は殺人と死体遺棄の罪に問われている。
この記事の画像(6枚)

「北井小由里です」証言台の前に立ち、裁判長から名前を尋ねられると初公判の時と同じく、“また”小さい声で名乗る。ほどなくして裁判長が主文を読み上げる。「被告人を懲役5年に処する」その瞬間、北井被告は言葉を発せず、まっすぐ前を見つめ、瞬きをする。呆然としているように見える。

罪となるべき事実

北井被告は、大学に通う傍ら、アルバイトをしていた性風俗店の客との間に子どもを妊娠。出産予定日をおよそ1カ月後に控えた2019年11月3日午後、神戸から就職活動のため航空機で上京。搭乗直前に始まった陣痛が、到着する頃に激しくなったため、そのまま羽田空港のトイレで女の赤ちゃんを出産した。

赤ちゃんの遺体が見つかった公園(2019年11月 東京・港区)

そして、その場で、トイレットペーパーの塊を赤ちゃんの口に詰め込んだ上、首を絞めて殺害。出産から殺害まで、わずか43分間の犯行だった。その後、遺体を東京・港区の公園に埋めた。

“就活”のため、女児の存在なかったことに

裁判長は実刑判決の理由をこう指摘した。
裁判長:強い殺意に基づく執拗かつ惨たらしい犯行。女児は本来であれば親から喜びをもって迎えられるはずの誕生直後に、その母親により命を絶たれたのであって、哀れというほかない。

判決によると、捜査段階で北井被告は、赤ちゃん殺害の理由をこう説明していた。
北井被告:一番がお金の問題、二番が就職活動に対するブランクとか遅れをとってしまう不安感。

裁判長は「就活への影響を避けるべく、女児の存在をなかったものにするため殺害した」と指摘した

「お金」「就職」・・・こうした供述を認め、裁判長は“身勝手で短絡的な動機”と断じた。
裁判長:出産により生じる就職活動への影響等を避けるべく、自らの将来にとって障害となる女児の存在をなかったものにするために殺害に及んだ。

判決後の視線

判決が言い渡されると、裁判長は控訴の説明をした。
裁判長:判決に不服があれば控訴できます。14日以内に必要書類をこの裁判所に出してください。

北井被告は、ひと言も喋らず、判決公判は閉廷した。

北井被告の返事は聞こえなかった。この日、自らの名前を名乗るほか、北井被告が声を発することはなかった。判決後、北井被告は再度こちらに目をやる。その顔に、表情はなかったが、こちらに向けられた鋭い目の奥に何かがあった。

赤ちゃんへの「謝罪」 裁判官・裁判員への「感謝」

北井被告は、前回の裁判の最終意見陳述で、裁判官と裁判員たちに向かって、こぼれ落ちる涙を拭いながら、こう語りかけていた。

北井被告:本当に赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいですし、これからは自分のしたこととしっかりと向き合って生きていこうと思っています。そして、家族と話し合う時間を大切にして、何よりも命の大切さについて、しっかりと話し合っていきたいと思います。

最終意見陳述で「感謝」と「謝罪」の言葉を述べた北井被告。実刑判決を受け即日控訴した。

北井被告:裁判員裁判ということで、裁判員の方々と裁判官の方々、自分たちの時間を私のために当ててくれて、まったく知らない赤の他人の私の話を最後まで聞いてくれて、質問の時も、私にいろいろ質問してくださって、皆さん一人ひとり、私と向き合ってくださって、本当にみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

しかし「感謝」と「謝罪」の言葉はどこか空虚にも感じた。その思いを胸に秘め臨んだであろう、24日の判決。北井被告には裁判長の言葉がどのように届いたのか。北井被告は即日控訴した。

(フジテレビ社会部・司法担当 根岸竜)
(イラストは法廷画家・大橋由美子)