北朝鮮の金正恩キム・ジョンウン)総書記の妹・与正(ヨジョン)氏は、今後の韓国の言動次第で「関係回復に関し、建設的な議論をする用意がある」との談話を発表した。

与正氏は談話で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会で提案した朝鮮戦争の終戦宣言について、「興味のある提案だ」と評価する一方、「時期が適切でない」とも述べ、韓国側に敵視政策の撤回を求めた。

そのうえで「今後の韓国の言動が敵対的でなければ、南北間で関係回復と発展に対する建設的な議論をする用意がある」ともしている。

一方、北朝鮮の外務次官は24日朝、「終戦宣言は時期尚早で、アメリカの敵視政策の撤回が優先」との談話を発表していて、終戦宣言をめぐって米韓両国に揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。