フランスでは、飲食店などで新型コロナウイルスのワクチン接種証明書などの提示が義務づけられているが、これまでに、およそ3万6,000人が偽造した証明書を所持していたことがわかった。

フランスでは、8月から飲食店や長距離列車を利用する際に、ワクチン接種の証明や陰性証明などの提示が義務づけられている。

こうした中、フランスの全国疾病保険金庫は、FNNの取材に対し、これまでにおよそ3万6,000人が偽造した証明書を所持していたと明らかにした。

偽造には、医療従事者およそ270人が関わっているとみられ、今後、捜査当局と協力していくとしている。