東京都で23日、死亡が確認された18人のうち、40代の男性は、自宅療養中だったことがわかった。

男性は、軽症で基礎疾患はなく、保健所や同居する家族が、日々健康確認をして、大きな異常が見られなかったが、感染確認から1週間後に、自宅で死亡しているのを家族が発見した。

都内で8月以降、自宅療養中に死亡が確認されたのは、50人目。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ