福井県のある「うわさ」がネットで話題

受験シーズンを迎えているが、皆さんは小中学校で学んだことを覚えているだろうか?

基礎学力はもちろんだが、学校生活で身につくのはそれだけではない。しかし今「そんなことまで教える?」と言いたくなる学校教育のうわさが、ネットを賑わせている。
 

子供の頃に学んだことが大人になってから役立つこともある(画像はイメージ)
この記事の画像(7枚)

それは、福井県民はカニの食べ方を学校で習うというもの。
ネットユーザーから「習うの!?」などと驚きの反応があると、福井県出身者という人も複数登場。事実としつつ、「カニを食べるか高級サバ缶をもらうかの選択も迫られる」とも明かしたのだ。

福井県と言えば、ズワイガニのトップブランドである「越前がに」が有名だ。授業で食べられるとしたらうらやましくもあるが、本当のところはどうなのだろうか。県に真相を伺ってみた。
 

「その通りです」

――福井県では、学校でカニの食べ方を習うというのは本当?

その通りです。県内ほぼ全ての中学校3年生が、給食ではなく授業の一環として習います。2010年に始まってから毎年続いていて、カニの狩猟が解禁される11月によく行われますね。


――なぜ始めた?その経緯や目的は?

子供の「魚離れ」を防ごうと始めました。福井県は越前がにが名産なので、カニの食べ方を知ることで地元の海産物に興味を持ち、郷土愛を育むきっかけにもなればと考えています。
 

学校授業でカニの食べ方を習う生徒たち(提供:福井県)

――授業では、越前がにが食べられるの?お高いのでは?

もちろん食べますよ。越前がにはさすがに高額なので、やや安価なメスのズワイガニ「セイコガニ」を使います。両者の違いは、越前がにはオスで体が大きく、セイコガニはやや小ぶりですね。予算は県の事業から出ていて、年度ごとに約400万円を計上しています。
 

これが「セイコガニ」(提供:福井県)

正しいカニの食べ方を聞いてみた

――授業ではどのようなことを教える?

カニを食べたことがないという子供も多いので、まずはさばき方の映像を見てもらいます。その後1人1杯ずつセイコガニをゆでて、さばいて食べるという流れです。講師役は県職員や教師のほか、「ハマのおばちゃん」と呼ばれる漁業協同組合の女性部が来てくれることもあります。


――ちなみに、正しいカニの食べ方とは?

簡単に説明すると、甲羅を皿に見立てて、そこにほぐした身や卵を盛り付けて食べます。脚部分の身はツメを使うときれいに取り出せること、胴体にある灰色の部分は食べないことなどのポイントがありますね。説明用のパンフレットもあるので、こちらを見ると分かりやすいです。
 

カニの食べ方やさばき方のポイント、その1(提供:福井県)
カニの食べ方やさばき方のポイント、その2(提供:福井県)

――授業を受けた子供からは、どんな反応があった?

授業で始めてカニを食べる子供も多く、最初はどうしていいか分からないと戸惑います。ですが講師役の人が丁寧に教えるので、終わる頃にはきれいにさばけて、喜んで食べていますよ。
 

サバ缶はカニアレルギーの子供のためだった

――ネットでは、高級サバ缶との選択を迫られるという意見もあったが?

カニアレルギーの子供向けに用意しています。授業を受けても何も食べられないというのは不公平なので、同じく名産であるサバの缶詰も選べるようにしています。実際は、アレルギーの子供以外でサバを選んだという話は聞きません。食べられるなら、みんなカニを選びますよ(笑)


――福井県の試みがネットで注目されたが、これについて思うことはある?

注目されているのは率直に嬉しいですね。このことをきっかけに、カニといったら福井県というイメージが広まってくれればと思います。


――越前がにの魅力とは?

一番は鮮度の良さでしょうか。ズワイガニは海中深くにいる生物ですが、越前沖の海は急に深くなるので漁場と漁港が近く、新鮮な状態で水揚げできます。仲介業者の目利きが優れているので、適正価格を払えば、高品質のものを購入できるところも魅力です。
 

カニの盛り付けイメージ。右上のように盛り付けるという(提供:福井県)

正しいカニの食べ方を学校で習うといううわさは、やはり本当だった。「越前がに」ではなかったが、確かに食べ方などが分かれば、親しみやすくなるもの。福井県民以外は驚きだったと思うが、名産のカニを食べながら郷土愛を育てるというような学校教育は他の地域でも使えそうだ。