感染状況が改善傾向にある香川県は飲食店への営業時間短縮などの要請を9月25日から緩和することを決めました。

香川県によりますと、まん延防止等重点措置が適用されている高松市の飲食店について、県が認証した店では9月25日から4人以内の客に対して午後7時半までアルコールの提供を認めます。営業時間は、これまでと同じ午後8時まで、引き続き認証店以外にはアルコールを提供しないよう求めます。

高松市以外の飲食店は、要請を1時間緩和し、アルコールの提供を午後8時まで、営業を午後9時まで認めます。

県内ではここ最近、新規感染者数が10人前後まで減少し、医療体制も改善していることなどから緩和に踏み切りました。

一方、浜田知事は緩和により感染対策が緩まないよう注意を呼びかけました。

(香川県 浜田恵造知事)

「ある意味、非常に限定的な見直し。引き続き、基本的な対策マスク着用、手洗い、換気をぜひお願いしたい。」

また県は、6段階ある独自の警戒レベルを、9月25日から1つ引き下げ、上から2番目とすることも決めました。