仙台市太白区諏訪町の住宅で2013年10月、宮城県芸術協会職員の鈴木裕子さん(当時43)が殺害され、現金や貴金属が奪われた事件の裁判が始まった。

強盗殺人などの罪に問われている菅野裕太郎被告(38)は、9月22日の初公判で「自分の行為で命を奪ってしまった」と起訴内容を認めた。

鈴木さんはなぜ命を奪われなければならなかったのか。菅野被告が犯行に至った経緯はどのようなものだったのか。

法廷でのやり取りを記していく。

事件の概要

2013年10月、仙台市太白区諏訪町の住宅で、この家に1人で暮らす宮城県芸術協会職員・鈴木裕子さん(当時43歳)が2階寝室で死亡しているのが見つかった。

発見された際、鈴木さんはベッドの上で、左肩を下にする形で横たわっていて、争った形跡などはなかった。

死因は窒息死。室内には物色されたような形跡があった。警察は殺人事件と断定し、捜査していたが、捜査は難航。

事件から7年4カ月経った2021年2月25日、窃盗罪などで宮城刑務所に服役していた菅野裕太郎受刑者が強盗殺人などの疑いで逮捕された。

この記事の画像(7枚)

開廷

9月22日午前10時、仙台地裁102号法廷。菅野裕太郎被告がうつむきながら法廷に入ってきた。白のワイシャツに黒のズボン。髪は丸刈りで、黒縁のメガネをかけ、マスクを着用していた。

はじめに、大川隆男裁判長が本人かどうかを確かめるため、名前、生年月日、本籍地、現住所、職業を尋ね、その後、検察官が起訴内容を読み上げた。

起訴内容

菅野裕太郎被告(38)は強盗殺人と住居侵入、窃盗の罪に問われている。

起訴状によると、菅野被告は2013年10月6日午前1時ごろから2時ごろにかけて、仙台市太白区諏訪町の県芸術協会職員、鈴木裕子さん(当時43歳)の自宅に、無施錠の浴室窓から侵入し、金品を物色中、2階寝室に鈴木さんがいることに気づき、殺害しようと決意。

鈴木さんの首を両手で絞めるなどして殺害し、現金約8000円と腕時計など貴金属87点、約53万円相当を奪ったとされる強盗殺人と住居侵入の罪に問われている。

また、2018年3月と11月に仙台市泉区の住宅に侵入し、現金や金庫などを盗んだ窃盗などの罪にも問われている。

罪状認否 「殺害を決意できるほどの思考状況ではなかったが…」

大川裁判長が起訴内容についての認否を菅野被告に尋ねた。

裁判長:
検察官が読み上げた公訴事実について、違っているところはありますか。

菅野被告:
殺害を決意できるほどの思考状況ではなかったが、自分のやった行為で鈴木さんの命を奪ってしまったので、争える事実はありません。

菅野被告は、小さな声でこのように述べ、起訴内容を認めた。

検察側の主張 「何度も下見し、準備をしていた」

検察官は冒頭陳述で、被告が貴金属の訪問買い取り会社に勤めていた2011年3月5日に、飛び込み営業で鈴木さんの自宅を訪れ、鈴木さんが一人暮らしで、貴金属を多数持っていることを知った。

その後、無職になって金に困っていた時、鈴木さんのことを思い出し、何度も下見を重ね、準備を進めていたと指摘。盗み目的で家に侵入したが、鈴木さんがいることに気づき、殺害するしかないと決意、犯行に及び、奪った貴金属を順次換金していったと指摘した。

被告はその後、別の窃盗事件で服役し、2017年に仮釈放された後、空調設備会社に入社したが、2018年3月と11月に仙台市泉区の同僚宅に盗みに入り、その後、また別の窃盗事件で宮城刑務所に服役していた2021年2月に警察の取り調べを受け、強盗殺人などの疑いで逮捕されたと、これまでの経緯を明らかにした。

弁護側の主張 「殺害は計画的なものではない」

一方、弁護側は、殺害は計画的なものではないと主張。

被告のこれまでの人生を年表形式で説明した上で、なぜ盗みを繰り返していたのかや、殺害に計画性がなかったことを被告の口から話してもらうので、その話をよく聞いて量刑を判断してほしいと、裁判員に訴えた。

遺族調書が読み上げられ「死刑」の言葉に目を大きく開き、息を吐く

裁判はその後、検察官から起訴内容を立証するための証拠の説明があった。提出された証拠の概要は以下の通り。

・現場検証の結果、鈴木さんの自宅内外に、手袋痕や足跡が残っていて、金品を物色した痕跡が多数残っていたこと
・自宅外に取り付けられていた防犯用のセンサーライトの向きが変えられていた可能性があること
・鈴木さん所有の携帯電話2台が自宅裏の空き地の側溝に落ちていたこと
・鈴木さんの死因は頸部圧迫による窒息死で、手指によって圧迫されたと考えられること
・鈴木さんの日記に、2011年3月5日に貴金属訪問買い取り業者の飛び込み営業訪問を受けたことが記されていること
・2013年10月5日午後5時半ごろから6日午前0時半過ぎにかけて、鈴木さんの自宅近くのコンビニや店舗の防犯カメラに、被告が出入りする姿が映っているほか、鈴木さんの自宅周辺を何度も車で移動している様子が確認されたこと

そして、提出証拠の最後に、鈴木さんの父親の供述調書が検察官から読み上げられた。

「犯人が逮捕され、犯行を認めていると警察から聞きました。証拠が少ない難しい事件を解決してくれたことに感謝したいと思います。裕子が眠るお墓に報告に行きました。墓に向かって、声を出して『犯人をつかまえてくれたよ』と言いました。裕子もほっとしてくれていると思います。遺体を見つけた時の裕子の顔が目に焼き付いて離れません。1人暮らしであることを犯人につけこまれたのではないか、一緒に住んでいれば…と思うと、悔やんでも悔やみ切れません。
裕子の気持ちを考えると、犯人には報いを受けてほしいと思います。死刑にしてほしいと思います。命で償ってほしいです。死刑にしてほしいという思いは、妻も同じです」

この供述調書が読み上げられ、「死刑」という言葉が発せられた時、菅野被告は、一瞬目を大きく開き、マスクの中でふうーと息を吐いたように見えた。

裁判は今後、被告人質問や証人尋問が行われ、27日に検察側の求刑と弁護側の最終弁論、30日に判決が言い渡される予定だ。

(仙台放送 澤田滋郎)