東京オリンピックにバドミントン男子日本代表として出場したソノカムペアの2人が22日県庁を訪れ、オリンピックでの結果を報告しました。

県庁を訪れたのは、東京オリンピックの男子バドミントンダブルスに出場したトナミ運輸所属の園田啓悟選手と嘉村健士選手です。

2人はベスト8の成績を収め、先日、日本代表からの引退を発表しました。

県庁で蔵堀副知事に、大会を終えて満足感はあるか問われた嘉村選手は「2人で闘えたのは誇り。プレッシャーがあったので、終わって解放されたという気持ちがある」と答えていました。

また、園田選手は「大会の1年延期はつらかったが、県民の皆さんに応援してもらえてありがたかった」と、県民への感謝を述べました。

2人は、オリンピックでの経験を今後の日本のバドミントン界を背負う後輩に伝えていきたいとしています。