即日結審で2月中に判決へ

オオシバくん:
いよいよ沢尻エリカ被告の裁判が始まるね?

平松デスク:
1月31日午後3時に、東京地裁で初公判が予定されている。
去年12月6日に起訴されたから、2か月弱で裁判が始まることになる。
まぁ、世間を騒がした事件ではあるけど重大事件ではないし、本人も起訴内容を認めるだろうから、あっという間に始まって、被告人質問から、論告求刑、最終弁論まで一日で終わらせる即日結審だと思うよ。
で、あっという間に2月中には判決が言い渡されるはずだよ。
しかも、ほぼ100%執行猶予が付く。

所持していた麻薬の量

沢尻被告が所持していたとされる麻薬の量は、MDMAを含む粉末およそ0.198グラム、
LSDが染みこんだ紙片、およそ0.084グラム、
LSDを含む液体、およそ0.601グラム。
逮捕時よりも、若干増えたけど、それでも微量だよね。
しかも、沢尻被告は薬物の使用では起訴されていないし、初犯だろうからね。
薬物事件の初犯だと懲役1年6か月、執行猶予3年が相場だとされているけど、それよりも軽いかもね~。

裁判のポイント

オオシバくん:
じゃあ、裁判のポイントは何?

平松デスク:
これまでの報道では、沢尻被告は10年以上前からMDMAだけではなく他の違法薬物にも手を染めていたり、クラブで知人からもらっていたり、などということが明らかになっている。
ところがこれらの内容は、11月16日の逮捕当日に沢尻被告が供述した内容に過ぎない。

実はその後、沢尻被告が取り調べでどんな話をしたかはほとんど明らかにされていないんだ。
薬物事件の捜査ではよくある話だけど、捜査関係者の口はかなり重い。
しかも、沢尻被告に薬物を渡したとされていた元交際相手は、結局逮捕されるも起訴はされなかった。
じゃあ、沢尻被告は誰からもらったんだろう?

そもそも尿鑑定がシロだったということは、普段から本当に薬物を使っていたのか?
薬物を始めたキッカケは?
たぶん警視庁は毛髪鑑定をしていると思うのだが、その結果は明らかになるのか?
MDMA、LSD以外には何を?
謝罪文では、『人間関係を含めたつながりを一切断つ』と言及していたが、それはどういうこと?

いずれにしろ、何も分かっていなかったことが、沢尻被告本人の口から語られることを期待したい。
情状証人に家族や恩人らが出てくれば、裁判としては大きな盛り上がりを見せることになるが、可能性は低いかな?

【解説:フジテレビ 社会部デスク 平松秀敏】