3連休が明けた21日、県内では新潟市で6人、三条市で4人など合わせて12人の新型コロナウイルス感染が発表されました。

一日の新規感染者数は2日連続で10人台となり、重症や中等症の患者はいませんでした。

また、この日発表された12人は10代~50代の若い世代です。

若い世代の感染確認が続くなか県が公開したのは、サッカー・アルビレックス新潟の選手4人が出演する、ワクチン接種の啓発動画です。

動画には、選手たちが大規模接種会場で接種する様子や、インタビューなどが盛り込まれています。

【アルビレックス新潟 星雄次 選手】

「若い世代の方々が前向きに接種していただけたらうれしいですし、世の中が以前のような形になることを願っている」

【県 福祉保健部 松本晴樹 部長】

「(若い人は)社会を元気にする源でもあると思う。これらの方々に接種が進むことで新潟も元気になるし、ぜひ接種を前向きに検討していただきたい」

また新潟市では、中央区を除く各区の集団接種会場で土曜夜間の枠を追加します。